ヘッダー画像

懸垂力を付け高所感覚を養う跳び箱の遊び方です。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

跳び箱はただ跳び越すだけでなく、いろいろな遊び方があります。

高所感覚や腕の力が備わっていないうちに跳び越そうとすると、

怪我や苦手意識を持つ原因となってしまうます。

段階を追った遊び方でスムーズな習得を目指しましょう。

 

「跳び箱のよじ登り→後ろ向き降り」をご紹介します。

3~6段くらいの高さの跳び箱を用意し、跳ばずによじ登ります。

上に乗れたら、膝をついて四つんばいになって180度向きを変えます。

降りるときは足から先に降りるようにします。

よじ登るときに手足の指先の力、懸垂力が使われ、

降りるときには下までの距離をはかりながら降りるので

空間認知などの力も育ちます。

 

少し高さのある跳び箱で行なうので、上で向きを変えるときに

怖がってしまう子には補助につくようにしたり、

低い高さに変えてできるようにしてあげましょう。

もし低い高さでは物足りない子がいたら、

忍者のように素早くのぼり降りするように挑戦してもらいます。

高さだけがレベルアップの方法ではないので、

より敏捷性を高められるようにしていくことも大切です。