ヘッダー画像

体をコントロールできるようにし、怪我を減らしましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの運動能力を上げるには、自分の体が今どんな形になっているか、

どんな風に動かせば思った通りの動きになるかといったことをイメージして

動けるようになることも大切なポイントです。

体を動かすときは、自分の体の全ての部分が常に見えている状態には

ならないので、イメージして動きをコントロールできるようにしていきます。

 

運動遊びプログラムの「忍者前回りのポイント着地」で

その力を育てていくことができます。

鉄棒の下に赤や青といった2色のカップなどを置いておきます。

そして、前回りをした後、指示された色のカップに着地します。

前回りのときにゆっくり回るように意識し、

途中から腕を曲げて落ちないように体を丸めながら、

指示された色の場所を確認して着地するようにします。

勢いよく回ってしまうと着地の時に色を確認することができないので、

ゆっくり勢いを殺しながら回り、同時に腕に力を入れて

足が下に落ちてしまわないようにしなければいけません。

 

かなり腕の懸垂力が必要になる遊びなので、

まだ力があまり養われていない子には、

落ちないように少し支えてあげる補助をします。

子どもが全力を出して行なえるように最小限の補助にすることも気をつけて、

力の発達が促進されるように意識して行ないましょう。