ヘッダー画像

子どもの意欲を高める運動プログラムを提供しましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動でも学習でも、大人から与えられたものを

ただこなすだけの”やらされている活動”では、

子ども達に身に付く力はとても少なくなってしまいます。

せっかくの良い教材や運動でも、これでは役に立ちません。

そこで大切なポイントは、”子ども自身が意欲的に取り組める”ことです。

自分で考えて判断し、自己効力感、達成感を感じながら

取り組める活動では身に付く力はものすごく多くなります。

私たちの柳沢プログラムでは、そのようなことも重視して

指導できるようになっています。

 

今日は「複雑予測じゃんけん」遊びをご紹介します。

予測じゃんけんは、指導者がこれから出す手を事前に伝えて

それに勝つのではなく、負ける手を出す遊びです。

”複雑”になると、出す手のヒントを伝えるときに

少し考えることができるようなヒントにします。

「グーとチョキじゃない手」や、パートグーと出した後に

「今まで出してない手」にしたり、

声を出さずに口の動きだけで伝えてみたりと工夫します。

そうすることで、自分で判断して行動にうつすことができます。

 

手でできるようになったら足じゃんけんにしても楽しめます。

いつも子ども達がワクワクして遊べるような提供の仕方もポイントです。