ヘッダー画像

体格は向上しているのに運動能力は低下している子ども達。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達は、昔に比べて身長や体重などの体格面では発達しています。

体は大きくなり、手足も長くなっています。

しかし、体力や基礎的な運動能力は低下しています。

基礎的な力が足りていないということは、

その年齢でできるべき動きができなかったり、

やろうとすると簡単に怪我をしてしまったりします。

ぜひ、小さい頃からの運動遊びでたくさん体を使って

心と体と脳を成長させていってほしいと思います。

 

今日は運動プログラムの「前後カンガルー」をご紹介します。

ゴム紐などで、少し高さのある障害物を作ります。

子どもは紐の前に立ち、足をとじたカンガルーさんで

紐を前後に跳び越して遊びます。

跳ぶ時は、指導者の「前」「後ろ」の掛け声に合わせて跳びましょう。

後ろに跳ぶ時には縄の位置や高さを空間認知の力でしっかり捉え、

足の指先にしっかり力を入れてバランスを取ることが必要です。

 

ジャンプ遊びでは跳躍力の他にも腹筋背筋が育ちます。

普段姿勢が悪い子は積極的に行なうと良いでしょう。