ヘッダー画像

靴ひもが結べない、スキップができない不器用な子ども達。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達はうまく手足を動かすことができず、

靴ひもが結べなかったり、折り紙が上手に折れない子ども、

何もないところで転んだり、スキップができない子どもが

とても多く見られます。

小さいときから体を使って遊んだり、

生活の中で体をたくさん動かしていくことは、

子どもの体の発達においてとても重要なことです。

幼児期から活発に体と脳を動かして、たくさん遊びましょう。

 

手先を器用にするには、まずは腕の力や握力を育てることが大切です。

柳沢プログラムの「なぞなぞコウモリ」で、

鉄棒に長くぶら下がり、同時に頭を使って遊んでみましょう。

まず、両手の間を少し空けて鉄棒につかまったら、

手の間に膝をかけて逆さまのコウモリになります。

この状態でなぞなぞや絵カードのクイズ、しりとりなどに答えます。

 

考える時間が長すぎると腕の力が尽きたり、

考えることに集中して手を離して落ちてしまうので、

あまり難しすぎない質問にします。

逆さまの状態だと、正常に判断することができにくくなります。

普段よりも、集中力、考える力、判断力、イメージ力などが

強く必要になるのでとても効果が高まります。

ぜひ、逆さまの状態で頭を使う遊びを行なってみてください。