ヘッダー画像

鉄棒での恐怖心を取り除く前回りの練習方法。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

鉄棒の前回りは、逆上がりよりも先に取り入れることが多いですが、

実は逆上がりよりも恐怖心を抱きやすい動きです。

逆上がりは足が下についているところから、

自分で蹴り上げて逆さまになりますが、

前回りは鉄棒に乗った一番高い位置から、宙に浮いた状態で

頭を勢いよく下にするのでとても怖さを感じやすいのです。

 

そこで、恐怖心を克服するための練習方法として、

まずは鉄棒の高さを調節します。

鉄棒の位置が子どもの腰骨のあたりにくるようにしますが、

その高さの鉄棒はないと思いますので、

下に巧技台などを置いて高さを調節してください。

台に乗って、鉄棒が腰骨の辺りに当たる位置にしたら

「おでこと膝をくっつけられるかな?」と声をかけ、

「こんにちは」をするときのように頭を下に下げていきます。

実際にくっつけるのは難しいので、あと10センチほどのところまできたら

補助者は足を宙に浮かせてあげるように補助をします。

この状態なら足が離れて宙にういても、安定しているので怖くありません。

そしたら後は回るだけです。

 

このような方法を何度も行なっているうちに、

頭が下で足が上になるという逆さまの感覚にも慣れ、

スムーズな前回りができるようになっていきます。

子どもができない原因を見極め、それを補うような補助を大切にしましょう。