ヘッダー画像

短縄跳びの前に大縄跳びから始めると習得がスムーズです。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

短縄跳びや大縄跳びは、保育園や幼稚園、小学校でも行なう遊びですが、

レベル的には短縄跳びの方が難しいので、

大縄跳びから始めるほうが習得はスムーズです。

ただ、飛んできた縄をタイミングよく跳び越すという点は同じで、

最初から縄を跳ばせようとしても難しいのです。

 

まずは両足をくっつけたジャンプの練習をして、

次に腕振りを合わせてみてから、連続した一定のリズムのジャンプが

できるように練習していくという段階を追った練習方法が必要です。

柳沢プログラムにはいろいろな段階の遊びがたくさんあり、

それぞれにアレンジした遊び方が豊富にそろっているので

段階を追って行なうことで自然に技術の習得ができてしまいます。

 

大縄跳びでも最初から回すのではなく、

左右にゆらゆら揺らした縄を跳ぶ「小波跳び」から始めます。

子どもは縄の真ん中に立ち、体は回し手の方に向け、

縄をしっかり見て跳びこします。

苦手な子には、回し手がタイミングを合わせて縄を動かしたり、

跳ぶタイミングを声掛けで教えるなど工夫をし、

子どもが「できなかった。。」とやる気をなくしてしまわないように

配慮しながら提供することもポイントです。