ヘッダー画像

子どもがパニック状態になったら落ち着くまで待つことが大切です。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもは、思い通りにいかなかったりすると。

泣きわめいたり暴れたりして、パニック状態になることがあります。

こんな時は、親や周りの人もついイライラしがちですが、

感情的になるとますます悪化させてしまうことになるので、

子どもが自分の中で納得して落ち着くまで1人にして待つことも必要です。

自分の中で納得できればケロッとして戻ってきたりします。

 

今日は、縄跳びの練習になる「カンガルー跳び」のご紹介です。

大縄跳びも短縄跳びも、まずは連続跳びができることが必要です。

 

そのためには、腕を振って両足をとじた状態で跳ぶことがポイントです。

両足をくっつけるための意識付けとして、

最初に良い見本と、足がバラバラの悪い見本を見せながら

どっちがかっこいいカンガルーさんか子ども達に問いかけたり、

足の内側に”魔法ののり”を塗ってあげることで

足を閉じたジャンプができるようにしていきます。

跳んでいるうちに子ども達は足を閉じることを忘れてしまうので、

再度のり付けをしてあげたり、声掛けをしながら行いましょう。