ヘッダー画像

ボールを投げることもできない子ども達がいます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指します。

今の子ども達は、学校の体力テストのソフトボール投げで

まったく投げることができないという子が増えています。

昔のように公園でボール遊びをしたり、キャッチボールをするということが

とても減ってきているので無理もありませんが、

このままで良いわけではありません。

幼児期から”投げる”動作を行い、体の動かし方や

力をつけておくことは健康な体を保つためにも必要です。

 

保育園や幼稚園の小さい子達でも遊ぶことのできる

”投げる”遊びをご紹介したいと思います。

最初はボールではなく、つかみやすいように小さめのビニール袋に

丸めた新聞紙などを詰めて、口を止めたものを使います。

これだと当たっても痛くなく、片手でつかめるので投げやすくなります。

また、転がっていってしまうこともないので安全です。

このビニール袋で作ったボールで投げる動作を覚えていきましょう。

 

小さい頃からいろいろな体の動かし方を知ることは、

動くことが好きになるだけでなく、子ども達の可能性を広げます。

時代だからとあきらめずに、工夫した遊び方で

子ども達の能力を引き出し、伸ばしていくことが大切です。