ヘッダー画像

手先を器用にするにはまず大きな動きの習得から。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの手先を器用にしたいと思ったら、

いきなり細かい動きのものを行なわせるのではなく、

まずは大きな動きができるようになってから、

だんだん細かい動きに必要な筋力を付けるのが正解です。

指先を使う動きの前に、ぶら下がったり体を手で支えたり

友達と引っ張りあうようなものをまずはやっていきましょう。

 

ぶらがさる遊びの一つとして、鉄棒のおさるさんをご紹介します。

鉄棒に両手でつかまってぶら下がったら、足を曲げて少し持ち上げ

おさるさんのように体を前後に揺らしてみます。

腕の力や握力がつくのでおすすめです。

 

子ども達に提供する時には、おさるさんがイメージできるように

絵カードを使ったり最初に見本を見せてから行なうと良いです。

上手なおさるさんはたくさん褒めてあげ、

みんなの前でお手本を見せてもらっても自信になるので良いですね。