ヘッダー画像

怪我の危険が少ないくっつき鬼で遊びましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が大好きな「鬼ごっこ」は、体と頭をよく使うとても良い遊びです。

鬼につかまらないように、友達とぶつからないようにするために、

いつも自分と鬼、友達との位置関係を把握しながらも

動き回って逃げなければいけません。

さらに、いつも先を予測して、逃げる方向や作戦を頭の中で考えて

臨機応変に逃げ回ることも重要になります。

 

このようにとても頭を使いながら走り回るので、

とても良い遊びなのですが、普通の鬼ごっこではどうしても

友達同士の衝突事故が多く起こってしまいます。

そこで、遊び方をアレンジした「くっつき鬼」をご紹介したいと思います。

まず、鬼を1人、逃げる人を1人だけ決めます。

次に子ども達を3人ずつに分け、ホールのあちこちに点在させます。

そして3人で横一列にくっついてその場に座ります。

スタートの合図で逃げる人はどこか好きな3人グループのところに行き

端っこにくっついて座ります。座ったら鬼はタッチできません。

そしたらところてん式に、くっついてきた子の反対側の端の子が今度は逃げます。

こうすると、走っているのは鬼と逃げる人1人ずつなので

衝突事故はほとんど起こりません。

鬼ごっこはとても盛り上がる楽しい遊びなので、

ぜひこんな工夫をしてやってみましょう。