ヘッダー画像

転びやすい子は地面をうまく蹴れていないことも。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達を見ていると、よく転んでしまう子がいます。

転びやすい原因としては、足の指でしっかり地面をつかみ、

足の裏で地面を蹴ることができていないことが多いです。

赤ちゃんの時にハイハイで地面を蹴ることが少なかったり、

歩けるようになってからもあまり歩いていなかったり、

体をたくさん動かして遊んでいないと、

足裏や指先の感覚があまり育たず、上手に使えません。

このような子ども達は、普段の生活をできるだけ裸足で過ごすようにして

足裏の感覚を養っていくことが大切になります。

 

今日は足裏の感覚を養うジャンプ遊びの中から

「跳び箱からジャンプ」の紹介をします。

跳び箱は1段の高さにし、着地点にはマットを必ず敷いておきます。

子どもは跳び箱に手をついて跳び乗り、

両足をくっつけたまま膝を曲げてジャンプをします。

着地するときにも、足がバラバラにならないようにします。

足がバラバラになってしまうと、着地の時に足や腹筋に力が入らず、

力をつけることができません。

足は最後までしっかり閉じたままで、膝のクッションも使って

上手な着地ができるように練習しましょう。

 

このようなジャンプ遊びを裸足で行なうことで

足の親指で地面をつかみながら進む感覚が身に付くと、

かけっこなどで走るのも速くなります。

春になって暖かくなってきたので、ぜひ裸足での生活をすすめていきましょう。