ヘッダー画像

姿勢を維持するために体幹力をつけましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近は姿勢の悪い子どもがとても増えています。

これは、体を動かすことが減っていることで

姿勢を維持することさえもできないほど筋力が低下しているためです。

特に腹筋や背筋といった体幹の力が不足しています。

それによって座っている時に背中がふにゃふにゃと曲がってしまったり

背もたれなどにもたれかかっていなければ座っていられない

子ども達が増えています。

 

筋肉を使って良い姿勢を維持することは脳を活性化させ、

集中力を高めることにつながるので、

学力面での良い効果も期待できます。

幼児期から腹筋や背筋を使うような遊びを取り入れて

基礎的な筋力の発達を促しましょう。

 

運動遊びプログラムの中には、腹筋背筋を育てる遊びが豊富にあります。

その中の一つ、鉄棒の「りんごぶら下がり」を紹介します。

鉄棒につかまってぶらさがったら、足を曲げて持ち上げます。

できるだけ高く持ち上げて、りんごのように小さくなりましょう。

ぶらさがって足を持ち上げる時に腹筋を強く刺激します。

最初はなかなか高く持ち上げられませんが、

繰り返し行なうことで高く持ち上がるようになってきます。

苦手な子には補助を行いますが、

限界まで自分の力でできるように気をつけて補助をしましょう。