ヘッダー画像

運動遊びで育んだやる気や達成感は運動以外の場面でも役立つ力になります。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちは、子ども達の5年後10年後を考えて

心と体と脳を育てる運動遊びを提供しています。

この運動遊びの中では子ども達のやる気や達成感を大事にして、

小さなステップアップで行い、できた時にはたくさん褒めるようにしています。

これによって育った力は、日常生活の中や将来社会に出てからも

役立つ力になります。

幼児期からの楽しい運動遊びは子ども達にとって必要なものです。

 

今日2つ目に紹介する運動遊びは「動物フープ渡り」です。

床に直径30センチほどの小さめのフープを並べて、

まっすぐのコース、ジグザグのコース、1周まわるコースを作ります。

そして、子ども達は今まで遊んできた動物の中から好きな動物になり、

フープの中だけを通って渡っていきます。

クマ、カンガルー、カエルなど何でも良いです。

まずはまっすぐのコースから始めて、できたら次のコースに挑戦します。

フープ同士は少し間を空けておくと、進むときに

着地の位置や距離感を計算するので空間認知の力も育ちます。

ジグザグのコースでは、素早く方向転換をするために

足の指先や腹筋なども使いながら進むことができます。

 

楽しさの中にも、挑戦したり、少し考える動きをプラスすることで

子ども達の力はどんどん伸びていきますよ。