ヘッダー画像

リズム良く行うギャロップで先を見通す力を育てます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今日ご紹介するのはスキップの前段階の動き「ギャロップ」です。

リズム良く片方の手足を動かして進んでいきます。

片足で高く跳ぶために、腕振りの力をしっかり利用しましょう。

そして一定のリズムで進むためには、

リズムを頭で覚えていて、行う必要があるので

記憶の操作をする力が養われることになります。

この力を育てることで、”先を見通す”ことができるようになります。

先を見通した行動ができることは、運動だけでなく

普段の生活の中でもとても役に立つ力になります。

 

また、スキップやギャロップでは足腰の強化ができ、

勉強をするときの良い姿勢を作ることにもつながってきます。

良い姿勢で勉強すると学習の成果も上がり、

姿勢を維持することだけでも筋力トレーニングになります。

まずは良い姿勢を作るための力を付け、

それが長い時間持続できるように育てていくことが大切です。

運動遊びで楽しく体を動かして、様々な力を付けていきましょう。