ヘッダー画像

体の連動性を高め、調整力をつける遊びです。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今日は「カエルの縄越え」をご紹介します。

ゴム紐を椅子の足などにくくりつけて床から5センチほどの高さにします。

子ども達は、この障害物を手足同時にジャンプする

カエルさんで跳び越えて行きます。

「罠にひっかかると、へびさんに食べられちゃうよ~!」

などの声掛けをすると、子ども達に紐にひっかからないことを

強く意識つけることができます。

ただ、もし引っ掛かってしまってもつかまえるのは1回だけにします。

 

この遊びでは、主に腕の支持力と足の跳躍力を育てます。

その他に必要なのは全身のクッション性です。

足だけでジャンプするのではなく、しっかり手もついて

カエルの姿勢を維持しながら行ってみましょう。

縄を視覚で捉え、その高さを跳び越すためには

どの位置からどのくらいどの方向にジャンプすればいいか

瞬時に判断し、全身を上手に使って跳べるように

繰り返し練習して感覚を養っていきましょう。

 

始める前に、指導者が良い見本悪い見本を大げさに見せることも

子ども達にわかりやすくポイントを伝えるコツです。

そして、大人も楽しく遊ぶことが子ども達も楽しく遊ぶことにつながるので、

恥ずかしがったりめんどくさがったりせずに、

大人も一緒になって楽しく遊ぶことが大切です。