ヘッダー画像

視野を広げて動くことでサッカーの上達につながります。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の大好きな遊びの一つにサッカーがあります。

サッカーは広いコートの中でボール、味方と敵の動き、

ゴールの位置など一度に複数のことに目を配りながら

動きを予測したり仲間と連携して動くことが必要な競技です。

子ども達にとっては、一度にいくつものことに意識を向けることは

訓練なしにはなかなか難しいものです。

大きくなったからできるのではなく、

小さい頃から遊びの中で力を育てていくことが大切になります。

 

今日は広い視野で体を動かすことを身につけていく平均台遊びのご紹介です。

まず、平均台を2本用意して少し離して並べます。

平均台にそれぞれ足を乗せて、手を広げながら渡っていきます。

高さのある、狭い足場の上でバランスを崩さずに歩くためには

足の親指を中心に足を付く位置を確認しながら、

目線を足元だけでなく、5メートル程先も見ながら

慎重に歩くことがポイントです。

高さに恐怖心を持っていると目線が足元ばかりにいってしまいますが、

その方がバランスを崩しやすくなるので、

落ち着いて少し前も見ながら進めるようにしていきましょう。

目線を動かしながら歩くことで、視野を広げることができるようになります。

 

体幹の力も鍛えられ、普段の姿勢作りにも良いですよ。