ヘッダー画像

「陸上バタフライ」で短縄跳びの練習です。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

保育園のころから始まる「短縄跳び」は、

腕を回す、ジャンプ、縄を跳びこすという複数の動きを

同時に行う複雑なものです。

最初から上手にできる子も中にはいますが、

動きを分解して、1つ1つがきちんとできるようになってから

組み合わせることが習得への近道です。

まずは縄を持たずに練習していきましょう。

 

今日は、「陸上バタフライ」のご紹介です。

両腕をまっすぐ伸ばして、前に大きく回しながらジャンプします。

その時、足はくっつけたまま跳ぶことに気をつけます。

短縄跳びでは、ジャンプと腕回しのタイミングを合わせることが

一番難しいので、初めのうちはその場でジャンプしてみましょう。

膝のクッションを上手に使うことで、

スムーズな両足連続ジャンプができるようになります。

 

段階的な指導で、子どものやる気を損なわないように

達成感を感じさせながら行っていくことが大切です。