ヘッダー画像

進級・進学の時期、子ども達の成長を振り返り自信を持たせてあげましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

年度末のこの時期、子ども達も4月からの新しい学年やお友達、先生との出会いに

わくわくドキドキしていると思います。

新しい環境への不安もあるので、去年の4月からの成長を一緒に振り返り、

成長したところをたくさん見つけ、褒めてあげましょう。

身長、体重が大きくなった、毎朝泣いていたのに泣かずに行けるようになった、

嫌いだった野菜が食べられるようになった、

小さなことでも立派な成長です。

親に認められ、褒められることは子どもの成長にとって何よりの栄養になります。

たくさん褒めて、自信を持ちながら次年度に向かえるようにしていきましょう。

 

さて、今日ご紹介する運動遊びは「跳び箱の上を移動する」です。

 

1段と2段の跳び箱を用意し、少し間を空けて並べます。

最初に1段の跳び箱に乗って、2段の跳び箱へ移動します。

慣れてくると子ども達はスピードを競いたがりますが、

速く移動することではなく、飛び移ったときに

足の指先に力を入れて体をピタッと止められることを重視します。

この意識付けによって落下の危険を減らすこともできます。

高いところが苦手な子には、隣で手をつないで

 

一緒に動いてあげるようにしてください。

 

小さい頃から高いところに登ったりする経験をしていない子は、

少しの高さでも恐怖心を抱いてしまいます。

この恐怖心は早いうちに取り除かなければ、

大きくなってからでは難しいので、小さい時からの遊びで

 

高所感覚を身につけていくことが大切です。

ぜひ、日常的に高さのある遊びも取り入れていきましょう。