ヘッダー画像

遊びで子どもの身体能力を高めましょう。後方への空間認知を高める遊びの紹介です。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上。

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

自分の後方への感覚を高めることは、運動能力の向上につながります。

後方への感覚を遊びの中で身につけて、

頭でイメージした通りの動きができる体になると、

ますます体を動かすことが好きになります。

体を動かすことは、そのまま脳を動かすことにつながります。

 

子ども達が本来持っている力を引き出し、

将来の可能性を大きく広げてあげましょう。

 

今日ご紹介するのは、「すずめのポイントジャンプ」です。

すずめさんは前回りの前段階に行う動きで、

鉄棒につかまって飛び乗ったら、お腹と腕でしっかり体を支え、

腕と足はまっすぐに伸ばして前を見ます。

このすずめさんの姿勢から、足を前後に大きく振って勢いをつけ、

後ろにジャンプして飛びおります。

着地はしっかりと足で立って止まれるようにします。

何度か行ったら、”次はここまで飛んでみる”という目標を

テープなどを張って目印をつけてから飛ぶようにすると、

さらに後方へ意識を向けることができ、空間認知力も育ちます。

 

気をつけることは、子どもが思っている以上に飛べていないと

顎を鉄棒に強打してしまうことがあるので、

補助者は鉄棒の横に立ち、いつでも補助ができるようにすることです。

痛い思いをすると、子どもは恐怖心から鉄棒をやらなくなってしまうことも

あるので、補助者はいつも危険を予測しながら行うことが大切です。