ヘッダー画像

自他の区別は1歳、2歳頃からできるようになってきます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の発達を。

”自他の区別”とは、自分と他人とは違う存在で、

感じ方や考えることも違うということの理解です。

「この言い方で相手に伝わるかな」

「これを言ったら相手は嫌な気分になるかな」

「ここを散らかしたらみんなの邪魔になるかも」

といったようなことを考えられるようになることが、

自他の区別がつくようになったということになります。

これは幼少期から次第に身に付いていくものですが、

発達障害などで脳機能に障害があったりすると

この部分の発達がなかなかできません。

相手の立場になって物事を考えて行動したり発言することは

社会で生きていく上で欠かせないスキルです。

子ども達は、ルールのある集団遊びなどで力を磨くことが大切です。

 

さて、今日ご紹介するのは「集合ゲーム」です。

ホールの中に色違いのマットや、縄で作った円などを用意しておき、

指導者が指示した場所に子ども達は素早く移動します。

「赤いマット」や「ピアノの前」などのわかりやすい指示から始め、

だんだん指示の難易度を上げていきます。

聞く力と判断力をより養うために、ひっかけも入れてみましょう。

赤と青のマットしかないのに「緑のマット」と言ったり、

「青じゃないほうのマット」と言ったりすることで

子ども達は頭を使いながら行動することができます。

 

移動する時は素早く動けるように後ろから追いかけたり、

カンガルージャンプで移動するようにしても良いです。

子ども達にもいろいろな案を出してもらいながら

アレンジをしていくと、さらに楽しく遊ぶことができます。

全て提供するのではなく、子どもと一緒に活動することも大切です。