ヘッダー画像

幼児期には”遊び”から能力を育てることが効果的です。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どものうちは、感情や行動のコントロール、抑制の力が弱く

すぐにお友達を叩いてしまったり、今やりたいことが我慢できなかったりします。

また、社会性の未発達から、空気を読んだ行動や

言動ができないことも多くあります。

これらの力は脳の前頭前野というところが司っているので、

幼児期からの前頭前野をたくさん刺激するような遊びを通して、

社会で生きていくための力をつけることが必要です。

 

ここで重要なのは“遊び”ということで、楽しさを感じながら学んだことは

子どもはしっかりと身に付き、忘れにくくなります。

柳沢運動プログラムでは、この前頭前野を効果的に鍛えることができ、

幼児期にはとても適した内容です。

 

今日は、運動遊びの「救急車片足クマさん」のご紹介です。

2人一組になって、1人は前で片足を上げた片足クマさんになります。

もう1人は後ろに立ち、片足クマの上げているほうの足を持ちます。

これで手押し車のように歩いてみましょう。

注意することは、後ろの子はしっかり前の子を見てペースをあわせることです。

強く押してしまうと前の子は顔から転んでしまい、

よそ見などをしていると引っ張られて足を落としてしまいます。

何度も繰り返すことで、徐々に感覚を覚えていくようにしましょう。

人をよく見て動きを合わせることは、とても社会性を育てます。

お友達と一緒に遊ぶことで、自然に力をつけていきましょう。