ヘッダー画像

「色別ウシガエル」で考えながら運動することを身につけます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上。

腕の力が弱いと、転んだ時に体を腕で支えることができず、

顔などに怪我をしてしまいます。

柳沢運動プログラムを実施している保育園や幼稚園などでは、

顔への怪我が減っています。

子ども達を怪我から守るためにも、

持っている能力を引き出してあげるためにも

日常的に運動遊びを行うことがとてもおすすめです。

 

さて、柳沢運動プログラムの中の「ウシガエル」は、

跳び箱の練習になるとても良い遊びですが、

このウシガエルも、ただやるだけではなく、

いろいろアレンジを加えていくことで育つ力がどんどん増えます。

 

今日は色をプラスした「色別ウシガエル」のご紹介です。

床にビニールテープなどで2本の線をひき、

線の中に赤色のテープで手をつく印をつけ、

線の外側には青色で足をつく印をつけておきます。

赤色には手をつくこと、青色は足をつくことがルールです。

そして、手→足→手→足の順番につきながら

ウシガエルさんの動きで進んでいきましょう。

慣れてきたら、赤と青をランダムに配置したり、

コースをジグザグにしてレベルアップを図ります。

 

この遊びの目的はスピードを競うことではなく、

視覚から得た情報をうまく運動にしていくことなので、

スピードよりも正確さを重視して行えるようにしましょう。

腕の力はもちろんですが、見る力、判断する力も養うことができます。