ヘッダー画像

素早い動きの遊びで俊敏性を磨きましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

現代の子ども達の遊びは、外でたくさん体を動かすものが減っています。

運動不足の子ども達が、学校の体育の時間に少し大きな動きをすると

怪我をしてしまったり、ボールが避けられなかったりと、

本来その年齢でできるはずの動きができないことが多くあります。

自分の体をうまくコントロールして動かすことができないと、

体育の授業ばかりでなく、日常生活でも

怪我や事故のリスクが上がってしまうことになります。

ぜひ、幼児期からの運動遊びで力をつけ、

怪我や病気に負けない強い体と、健康な心を作ってほしいと思います。

 

今日は「へびとカラス」遊びのご紹介です。

指導者2人で縄の端をそれぞれに持ち、子どもの前に立ちます。

そして、指導者が「へびがきたぞー!」と言ったら、

縄を子どもの足元をスイングさせるように動かし、

子どもは当たらないようにジャンプします。

「カラスがきたぞー!」と言ったら、

子どもの頭の上を縄が通っていくので、しゃがみます。

前からも後ろからもくるので、集中力が必要になります。

 

何度か繰り返したら、スピードを速めたり、

カラスとへびをランダムにしたりして、

聞く力、判断力を強化してみましょう。

ただ、この動きはスクワットの動きなのでとても疲れます。

子ども達の様子を見ながら、楽しく遊べるようにしましょう。