ヘッダー画像

縄跳びでの連続ジャンプが苦手な子には、小波跳びです。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上。

年長さん頃から始まることの多い縄跳び遊びですが、

短縄跳びも大縄跳びも、その場での連続ジャンプができなければできません。

子ども達はなかなかその場で跳び続けることが難しいので、

足を閉じてその場での連続ジャンプができるように、

まずは縄を回さない「小波跳び」で練習しましょう。

 

指導者が縄を持ち、反対側は椅子の足や鉄棒などにくくりつけても良いです。

子どもは縄の真ん中辺りを跳べるように、

床にはビニールテープなどで四角い枠を作っておきます。

この四角の中からはみ出ないように縄を跳び続けます。

この時に、足がバラバラにならないようにくっつけたまま

跳ぶことを意識させましょう。

 

縄は回さずに、左右に揺らすだけにします。

苦手な子には、ジャンプのタイミングに合わせて動かしてあげるようにしたり

「せーの」や「はい」などの声掛けを行い、

子どもが跳びやすいように工夫してあげましょう。

子どもが「できた!」「できるかも!」と思えることが、

次へのやる気や挑戦につながります。

また、連続でジャンプするためには腕振りも重要です。

ジャンプと腕振りが連動してできるようになると、

縄跳び遊びがどんどん上達していきます。

 

段階を追った運動遊びの提供で、子ども達に達成感をたくさん感じてもらい、

心と体の成長を促すことができます。