ヘッダー画像

周りを意識して遊ぶことで社会性の育成に。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラス。

私達が困難なく社会生活を送るためには、

人と上手にコミュニケーションをとり、

円満な人間関係を築くことがとても重要なことです。

でも、上手な人間関係を作るために必要な社会性という能力は、

生まれつき備わっている力ではありません。

成長していく中で、家庭や友達との関わりから学び力をつけていきます。

子ども達には友達とたくさん遊ぶことで、

集団の中で生きていく力を身に付けてほしいと思います。

 

今日は「合図で前転」遊びのご紹介です。

床にマットを横向きに何枚か並べておきます。

子ども達はマットの端に並び、手と頭の上をマットにつけ、

前転の準備の姿勢を作ります。

この姿勢のままで待ち、指導者の指示があったら一斉に前転をします。

合図があるまで我慢して待つこと、

友達と動きを合わせて回ることで人を意識することができます。

何回かおこなったら、だんだん合図の出し方をアレンジしてみましょう。

「赤い果物の名前を言ったら」「女の子じゃない人」など

工夫して、判断力や考える力も刺激していきましょう。