ヘッダー画像

子どもは大きな動きを習得してから細かい動きができるようになります。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上。

子どもの体の発達は、まず体を大きく動かす粗大運動を習得し、

だんだん手先を細やかに使うような微細運動の習得につながっていきます。

最初から細かい動きができるわけではなく、

大きな動きから段階を追って習得していくことで、

次第に器用な動きができるようになります。

 

 

保育園頃からやり始める短縄跳びも、

初めから手首で器用に回すことはできないので

保育園のうちは肘や肩で大きく回せれば十分です。

 

今日は短縄跳びの練習になる遊び「カウボーイごっこ」のご紹介です。

短縄跳びは縄を回すことと跳ぶことを同時に行う動きなので、

子ども達には意外に難しい遊びです。

まずは縄を回すための練習として、タオルなどを持ち

頭の上で丸く円を描くように回してみましょう。

めちゃくちゃに回したり、ふざけて歩きながら回す子がいると

怪我につながるので、指導者はしっかり目を配ってください。

まず肩から大きく回すことができたら、

少し小さめに肘から回す練習もしてみましょう。

 

右手と左手それぞれに行い、一定のリズムで回せるように練習しましょう。