ヘッダー画像

昔の子が遊びで身につけていた力が現代っ子は不足しています。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

昔の子ども達が木登りや野山を駆け回るなどの外遊びで身につけていた力が

現代の子ども達は意識してつけていかなければいけません。

腕や足の力、腹筋背筋の力などの基礎的な力は

健康に生きていくために必要不可欠です。

 

今日は、昔は木登りなどの遊びから身に付いていた、

腕を引き付ける力を育てる遊び「レスキュー隊」のご紹介です。

1本の縄を用意し、大人が縄を持つか柱などにくくりつけて、

床から30センチほどの高さにします。

子どもはその縄の下に、進行方向に頭を向けてうつ伏せに入ります。

縄を両手で持って、足は膝を曲げてお尻を少しあげて

下半身を丸めるような姿勢になります。

そのまま、手で縄をたぐり寄せるようにして上に進んでいきます。

手をしっかり引きつけて、できるだけ手の力だけで進みましょう。

 

腕を引き付ける力がつくと、鉄棒での懸垂力がつくので、

逆上がりへの近道になりますよ。