ヘッダー画像

幼児期から社会性やイメージ力も育てましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラス。

私たちが生きていくのに必要な社会性、判断力、記憶力などの力は

幼児期から身につけていくことが大切です。

ただ、お勉強のようになってしまうと

子どもはおもしろくないのでなかなかやってくれません。

あくまでも、遊びの中で力を育てていけるようにすることがポイントです。

 

今日ご紹介するのは「配達ゲーム」です。

複数の物を用意し、並べておいておきます。

指導者が何を持ってくるのか指示を出すので、

その指示に合う物を選んで持ってくるゲームです。

最初はイラストなどで示しても良いですが、

だんだん言葉のみの指示にしていきます。

言葉もいろいろな表現を使って子どもに考えさせるようにし、

語彙力や認識力、イメージ力も養っていきましょう。

例えば「赤くて、頭にかぶるもの」「細長くて字や絵を書くもの」

など、だんだん指示の内容を難しくしていきましょう。

 

指示されたものが何か理解して共有すること、

出された指示を覚えていて、きちんと持ってこられること、

お友達と競争することで、勝ち負けを理解し社会性を養うことなど

遊びながら複数の力の刺激ができます。

このような、体の動きと考えることを同時に行うようなものを

日常的に取り入れることで、能力アップが期待できます。