ヘッダー画像

3歳までの育児はとても重要です。必要な力を伸ばしてあげましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

よく、3歳までの育児が大切だということを耳にすると思います。

 

この時期には親子のふれあいを大切にし、

五感をたくさん刺激するような遊びをしてほしいと思います。

 

私達の提供している柳沢運動プログラムでは、

子どもが積極的にできること、自分達で考えることなどを

大切にしています。

運動だけではなく、心や脳の発達も同時に促せる内容です。

 

今日ご紹介するのは、その運動プログラムの「前後カンガルー」です。

2つの椅子の足などに紐をくくりつけて張ります。

その紐をカンガルージャンプで前後に連続で跳びます。

跳躍力や、紐の位置や着地位置を捉える空間認知、

腹筋背筋なども育てられます。

腹筋背筋を鍛えることは、良い姿勢作りにも効果があります。

 

いろいろな体の動かし方を知ることで遊び方の幅も広がり、

吸収できることも飛躍的に増えます。

遊びの中から自然に必要な能力がつけられることが

子どもにとっては一番ですよね。