ヘッダー画像

瞬発力の育成に汽車ぽっぽ遊び。脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上。

日常生活の中で瞬発力を鍛えることはなかなかできません。

でも、いざというときは瞬発力も必要になります。

歩いていて転びそうになったとき、

ボールが飛んできて避けるときなど、

瞬発力が身についていればケガのリスクが減ります。

 

今日は運動遊びプログラムの中の「汽車ぽっぽ」のご紹介です。

みんなで汽車のまねをして、腕を動かして歩き回ります。

先生が合図をしたら素早くうつ伏せになります。

また合図があったら汽車に戻ります。

うつ伏せになる時には足の親指を立てておくと良いでしょう。

これを繰り返しながら楽しく歩き回ります。

 

合図で瞬時に反応するためには集中していなければいけないので、

集中力も育ちます。

たくさん脳に刺激を与えられる遊びを楽しく行うことで、

子どもが身につける力はとても多くなります。

子ども達がいつもわくわくしながらできるような指導が

とても良い教育方法だと思います。