ヘッダー画像

3歳児の成長はすごい速さで、できることがどんどん増えます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラス。

3歳になると乳児期から幼児期になり、

言葉や体の発達もめまぐるしいものがあり、

大変な反面、毎日いろいろな発見があり楽しい時期です。

自分でいろいろできるようになるので、

ママの真似をしてみたい、いろいろやってみたいと

積極的に新しいことにもチャレンジするようになります。

ぜひ、子どものやる気を満足感につなげていけると良いですね。

 

今日は、運動遊びプログラムの「アヒルの柵越え」のご紹介です。

ゴム紐などを張って障害物を作り、

子どもはアヒル歩きのままそこを越えていきます。

アヒル歩きはしゃがんでつま先だけで歩くので、

それだけでもフラフラしてしまう子もいますが、

そこから片足を上げてバランスをとりながら障害物をまたぎます。

身体面では腹筋や背筋、バランス力、体をうまくコントロールする力がつき、

空間認知などの脳の働きも上げてくれます。

 

広い場所がなくてもできるので、日ごろから取り入れて

自分の体をうまくコントロールして遊べるようにしてあげましょう。