ヘッダー画像

「じゃがいも迷路」遊びで前転の練習です。脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラス。

小学校の体育の授業では、マット運動もあると思います。

中でも前転は基本的なもので、できる子は簡単にできてしまいます。

でも、回転感覚や頭が下になる感覚に慣れていなかったり、

体がかたくてうまく丸め込めなかったりする子も多くいます。

小学校に上がる前からごろごろ回転する遊びで

感覚に慣れることや、体の使い方を学んでおくと良いと思います。

 

今日は「じゃがいも迷路」のご紹介です。

マットを3枚くらいジグザグに床に敷きます。

そのマットの上から落ちないように転がりますが、

仰向けに寝て、ひざを曲げて体操座りの姿勢から

両手で両膝を抱えてじゃがいもに変身して横向きに転がっていきます。

反動をうまく使って、マットの向きを認識しながら進みます。

腹筋、背筋などの基礎筋力の他にも

回転感覚と、空間認知や先をイメージする力、バランス力などが育ちます。

 

回転遊びは子ども達もとても盛り上がる楽しい遊びです。

いろいろな体の動かし方を知って、自分の体をうまくコントロール

できるようになれたら良いですね。