ヘッダー画像

「2人スキップ」で社会性を養います。脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上。

子どもの年齢が、2歳、3歳、4歳と上がっていくにつれて、

身につけるべき力も変わっていきます。

その頃に身に付いているべき力がついていないと、

保育園や幼稚園、小学校に上がったときなどに、

周りの友達と同じ動きをしようとするとケガをしてしまったり、

うまく体が動かせずに自分だけできない、ということになってしまいます。

また、健康な体を作るためにも身体能力を上げることは

とても大切で必要不可欠なことです。

だからといって、厳しい体育指導のような内容では

子ども達も嫌々になり、身に付く力も少なくなってしまいます。

 

私達の提供する運動遊びは、子どもが自ら楽しんでできるので、

遊びながら能力アップができるという魔法のようなプログラムです。

ぜひ、たくさんの子どもに運動を好きになってほしいと思います。

 

今日ご紹介するのは「2人スキップ」です。

友達と2人で手をつないでスキップをしていきます。

そうすると、スムーズに進むために

友達のリズムやスピードにあわせることが必要になります。

これにより、子どもの社会性が育ちます。

他人に意識を向けることを、遊びの中で身に付けていきましょう。