ヘッダー画像

「フープ片足クマ」で腕の力をつけ、手足を器用に動かして遊びます。  脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上

柳沢運動プログラムでの運動遊びは、

1歳や2歳になってもハイハイができなかったり、

安定して歩くことができない子ども達にも有効です。

赤ちゃんや幼児でも楽しくできるのが、

私達の提供する運動プログラムです。

 

子どもがたくさん体を動かす場所や機会が減っている現代では、

腕や足の力が弱かったり、体がうまく動かせなかったりする

子ども達が多くなっています。

子どもが積極的に体を動かしたくなるような運動を提供し、

身体能力と共に脳の活動も活発化させ、能力アップを目指したいと思います。

 

今日は、「フープ片足クマ」のご紹介です。

フープをいくつか並べておき、その上を片足をケガした

片足クマさんで歩いて行きます。

注意することは、両手と片足の3本で歩くこと、

そのときにフープに手足が当たらないようにすることです。

そして、前を見ないと危ないので、顔は前に向けます。

 

上げているほうの片足が下がらないように意識を向け、

 

どこに手足を置けばフープに当たらずに進めるかを考え実行します。

空間認知や調整力、抑制力、判断力などたくさんの力を刺激して

遊んでいくことができるので、とてもおすすめです。