ヘッダー画像

並びゲームで判断力、認知機能、集中力を高めます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

3歳、4歳ころになったら、先生の指示を聞いて、

素早く反応するような遊びもできるようになってきます。

どんどん脳を刺激する遊びを取り入れて、

子どもの能力を引き出して伸ばしてあげられたら良いと思います。

 

今日は、「並びゲーム」のご紹介です。

あらかじめ壁に赤や青や黄などの紙や目印を貼っておきます。

先生が指示を出したら、それに当てはまる子だけ移動します。

「髪を縛っている子は赤のところに行きましょう。」

「5月生まれの子は黄色のところに行きましょう。」

など、大勢の子が当てはまってしまわない程度の指示にします。

 

出された指示を良く聞いて理解し、自分に当てはまるか考え、

当てはまれば言われた色の場所へ移動するということを

一度に行わなければいけないので、判断力や集中力がとても鍛えられます。

 

その時期に身につけるべき力を育てるための

効果的な遊びがたくさんあるので、

子どもたちの様子を見て取り入れることが重要です。