ヘッダー画像

平均台じゃんけんでバランス力アップが期待できます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上。

2歳頃になると、歩き方もフラフラしないで歩けるようになり、

体のバランスもとれるようになってきます。

少し高いところから飛び降りたり、ボールを蹴ったりすることも

できるようになるので、活発に動きたがる時期です。

小さい時からたくさん体を動かして、身体能力を高められれば

将来の可能性も広がり、健康な体作りができます。

ケガをしない程度に、楽しく遊んで経験値を上げたいですね。

 

今日は2歳では難しいですが、「平均台じゃんけん」の紹介です。

平均台の両端から2人の子が歩いていって

真ん中まで行ったらじゃんけんをします。

平均台の上で落ちないようにバランスをとりながら

じゃんけんして勝ち負けを判断するので、

体幹の力や、集中力と判断力が必要になります。

平均台に紐をクネクネにかけておき、

「へびさんが寝てるから、踏んで起こさないようにねー」

と声掛けしておくとさらに空間認知や想像力も刺激され、

遊びとしてもより楽しみながらできますね。