ヘッダー画像

カップタッチうさぎで集中力や判断力がつく!脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上。

遊びと発達は密接に関係しています。

子どもは昔から、遊びながら生活に必要な能力を身につけてきました。

しかし、昨今では子どもが自らの頭で考えて遊んだり、

体を動かして遊ぶことが減っています。

これによって、考える力や身体能力の衰えなどの問題が起こります。

そして、日常生活のちょっとした動きでもケガをしてしまったりするのです。

 

私たちの運動プログラムは、これらの問題をクリアできるような内容で、

しかも子どもが楽しんで積極的に取り組めるものです。

全国の自治体や教育委員会にもたくさん取り入れていただいている

信頼できる運動プログラムです。

 

今日はそのプログラムの中の「カップタッチうさぎ」のご紹介です。

進み方は、両手は頭の上でうさぎの耳のようにして、

足は両膝をくっつけて跳びます。

床に赤や青や黄などの色の付いたカップを置き、

うさぎさんで跳びながらカップをタッチして進んでいきます。

タッチするときにカップの色を声に出して言いましょう。

 

跳躍力や、判断力なども鍛えられる遊びです。

カップをうさぎの餌や他のものに見立ててみてもおもしろくできます。

ぜひ遊びながらいろいろな力を身につけてあげましょう。