ヘッダー画像

「障害物くぐりワニ」で体の調整力や懸垂力を育てます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

子どもの遊びは体をあまり使わないものや、

自分で遊び方を工夫したり考え出して遊ぶものが少なくなっています。

今ある物から何かを作ってみたり、想像してみたりしながら

遊ぶことは脳の発達にとても良い影響を与えます。

 

柳沢運動プログラムで脳の前頭葉の働きを上げ、

想像力を養っていってあげましょう。

 

今日は椅子と縄で「障害物くぐりワニ」です。

椅子の足などに縄をくくりつけて罠を作ります。

この罠にかからないようにワニさん歩きで進んで行きます。

姿勢が高くなってしまうと罠にひっかかってしまうので、

きちんとしたワニさんの形で進んでいくことが重要です。

 

ワニさんの姿勢を意識しながら、罠の位置や体との距離なども考え、

集中、抑制、調整、などの力を使って進むことが必要です。

ワニさんなので鉄棒に必要な懸垂力も育ちます。

日常生活では行わない動きから、いろいろな力を身につけましょう。