ヘッダー画像

「クモの巣片足クマ」で側転の練習です。 脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上を。

子どもの運動能力の低下によって、子どものケガも増えたり、

より大きなケガにつながっています。

最近では跳び箱を跳ぶ練習をしていて、

手首を傷めてしまう子どももよく見られます。

普段手首を使うような遊びをしていないことで、

たまに負荷をかけるとケガをしてしまうのです。

子どもは遊びの中で身体機能を高めてケガが減らせるのが一番です。

柳沢運動プログラムは、運動遊びを通して日常生活での

ケガを減らせることが証明されています。

 

今日はそのプログラムの中の「クモの巣片足クマ」のご紹介です。

椅子と縄をいくつか用意し、椅子の足に縄を張ってクモの巣を作ります。

このクモの巣にかからないように

片足をケガした片足クマで越えていく遊びです。

縄を越えるときには、先に両手をついて横向きにジャンプすると

側転の動きに近くなります。

 

いきなり側転をしようとすると難しいので、

このように段階をおって練習していきます。

このクモの巣片足クマが上手にできれば、もう側転の習得は目の前です。

子ども達にも、今やっているものがどんな動きにつながるのかを

意識させながら行うと効果的です。