ヘッダー画像

意地悪縄跳びで賢くなる!脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上を目指します。

現代の子供の遊びは、外で遊ぶものが減っています。

テレビやゲームの時間を0にすることは難しいですが、

時間を決めて、できれば外で体を動かして遊んでほしいですね。

 

今日は大縄を使った「いじわる縄跳び」のご紹介です。

縄の一方を椅子や柱などにくくりつけて固定します。

もう片方を指導者が持ちます。

子供は縄の真ん中に立って跳びますが、

床にテープなどで四角を作っておき、

そこから出ないようにジャンプすることを約束します。

そして、いじわるなので大きく揺らしたり小さく揺らしたりします。

縄をしっかり見なければひっかかってしまうので、

子供は回し手のほうをよく見る必要があります。

顔を上げて、回し手をしっかり見るようにしましょう。

 

跳躍力の他に、観察力や判断力、四角から出ないように跳ぶことで

空間認知や身体地図などさまざまな力が育つ遊びです。

慣れてきたら、跳びながら簡単なクイズなどをしても

楽しく行うことができるのでおすすめです。

楽しさを感じれば、子供が自分から積極的に取り組んでくれます。