ヘッダー画像

「障害物カンガルー」でいろんなジャンプ!脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上を目指します。

今の子ども達の遊びには、ジャンプをして遊ぶものがあまりありません。

体育館や庭で遊んでいる様子でも、

ボールを使ったり走り回ったりしている姿はありますが、

ジャンプしたり、飛び降りたりするようなものは見かけません。

そのために、たまに大きなジャンプをすると骨折のような

大怪我をしてしまったりするのです。

そうならないためには日ごろからジャンプ遊びをして、

足腰を強くしておくべきでしょう。

 

今日ご紹介する「障害物カンガルー」は、

ジグザグのジャンプで進み、山に跳び乗って最後は飛び降りるので、

跳躍力や腹筋などの力も育つ遊びです。

まず、2本の縄で川を作ります。

川の一番向こうには跳び箱の山を設置します。

子供はカンガルーさんに変身して、川に落ちないように

ジグザグにジャンプして進み、山についたら跳び乗ります。

最後は飛び降りて、かっこよくポーズを決めます。

 

川に落ちないように、跳び箱の上にちゃんと着地できるように、

いろんなことを考えながらできるので、

子供も集中して積極的にできる遊びですね。