ヘッダー画像

「のれん押しクマ」で足の親指で地面を蹴る練習です。 脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上を。

現代の子供は、足の親指に力を入れる感覚があまり育っていません。

靴や靴下を履いていることが多いことや、

足で踏ん張るような動きが減っていることが原因だと考えられます。

足の親指で地面をつかむ感覚がわかると、

運動会などでも速く走ることができます。

なので、冬でも裸足になって運動遊びをしてほしいと思います。

 

今日は、その地面をつかむ感覚を養う「のれん押しクマさん」です。

鉄棒にマットをかけて布団干しのようにします。

その下をクマさん歩きで頭でマットを押しながらくぐりますが、

しっかり足の親指に力を入れて踏ん張らないと、

マットは重いのでなかなか前に進めません。

しっかり手をパーにして、足を踏ん張ってくぐることで、

自然と足裏の感覚が育って身に付いていきます。

 

裸足でたくさん遊んで、風邪やインフルエンザに負けない

強い体作りをしたいですね。