ヘッダー画像

「方向ジャンプゲーム」で判断力を育てます。 脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上を。

心と体の健康を維持するためには、運動が欠かせません。

でも、普段から動いていない人はなかなか体を動かすことができません。

特に子供は楽しくなければやりたがらないので、

ただの体育指導ではなかなか続かないし、

身に付くことも少ないので効果が得られず、やめてしまいます。

私たちの運動プログラムは運動遊びなので、

遊びながらいつの間にか体力や運動能力が身に付きます。

 

今日はその運動プログラムの「方向ジャンプゲーム」の紹介をします。

指導者と子供で向かい合って立ち、

指導者が一定のリズムで「前」「後ろ」「右」「左」と指示を出します。

子供は指示された方向に両足をくっつけたままでジャンプします。

最初は「前」「後ろ」だけで行い、

慣れてきたら「右」「左」も入れてみましょう。

たまにひっかけを入れたりしてもおもしろいですよ。

 

寒い時期なので、ジャンプで体を温めるのも効果的ですね。