ヘッダー画像

「障害物カンガルー」でいくつもの能力が身に付きます。 脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上を。

今の時代、子供の運動は大人が提供してあげなければ

なかなか運動不足は解消できません。

楽しい運動なら子供は飽きることなく、長い時間でも取り組めます。


今日ご紹介する「障害物カンガルー」も、

子供の好きなジャンプの動きに障害物というアレンジが加わっているので、

楽しみながら頭を使って力をつけることができます。


まず、縄を何本か用意し並べておきます。

最後の1本だけは動かせるようにしておきます。

子供はカンガルー跳びでその縄を跳び越えていきますが、

子供が最後の縄まできたら縄を揺らして、

よく動きを見なければ跳べないようにします。


注意することは、手は胸の前でカンガルーさんのようにし、

ひざをくっつけて両足で跳び、縄を踏まないようにすることです。

跳躍力の他に調整力や空間認知などの力も育ちます。

みんなでカンガルーさんに変身して、楽しく体を動かしましょう。