ヘッダー画像

「クマさんじゃんけん」で支持力・調整力・考える力などが身に付きます。脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上。

子供の運動能力をあげるために行う簡単な運動遊び、

今日はクマさんじゃんけんのご紹介です。


クマさんのように手はパーにして床につき、お尻を上げて

ひざをつかないようにしながら、顔を前に向けて四つんばいになります。

このクマさんの状態で足だけジャンプしてじゃんけんをします。

注意することは、手はパーでついたままにすること。

顔を上げて行うことです。


両足を揃えてしゃがんだものがグー。

両足を伸ばして横に大きく開いたものがパー。

片足だけ伸ばして後ろに出したものがチョキ。

 

「クマさんじゃんけんじゃんけんぽん!」の声がけに合わせて

足でグーチョキパーを出しましょう。

始めは指導者対子供全員で行い、慣れてきたら

お友達とペアを作ってじゃんけんして遊ぶのもいいですね。


手をついてジャンプするので腕の支持力、

じゃんけんで何を出すか考えながらするので考える力、

グーチョキパーの形をうまく出すことや、

お友達とぶつからないようにすることなどで調整力、

ペアで行うことでコミュニケーション力なども養われます。