ヘッダー画像

「ワニさん歩き」で鉄棒の練習になります。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を。

ワニさん歩きで手を引き付ける力を養い、鉄棒の練習です。


やり方は、うつ伏せになり顎と胸を床につけ、顔は前を向きます。

手はパーでバンザイをし、手を引き付けて前に進みます。

うまく進めない場合は、足の力も使って行います。


子どもがしっかりワニさんになりきれるように声がけをします。

「ワニさんが水の中から目だけを出して、

水を飲みにきた動物を狙っているよー。

見つからないように低い姿勢で進もうねー」

などと声がけをすると、子どもはワニになりきって、

起き上がらずに進むことが楽しくできます。

ゆっくりでいいので、形に気をつけて行いましょう。


子どもの運動能力の低下が問題視されていますが、

このような運動遊びを行うことで自然と能力は上がっていきます。