ヘッダー画像

跳び箱の練習方法 年中さんver. 安全に開脚跳び腰を指導するコツ

跳び箱の開脚跳び越しのポイントについて紹介します。

 

子どもたちに、このカエルの一休みを行わせてみてください。

 

すでに、お尻をつかずに跳び越せている場合は、

 

わざわざこの遊びを行わなくてもいいのですが、

 

まだ尻もちをついてしまっている子は、腕を固定した状態で

 

足だけを動かすという動きができていない可能性があります。

 

腕を固定して、足だけジャンプして前方向にとんで

 

跳び箱を跳び越すというのは、意外と難しいんです。

 

 

私が指導をするときに、良くロボットのプログラミングを

 

例えに出しますが、買ってきたロボット人形をイメージしてみてください。

 

2足歩行するだけでも凄いのに、手をついて前に跳び

 

さらに転ばずに着地するのって難しいと思いませんか?

 

 

それと同じです^^

 

 

開脚跳び越しの指導方法にも、いろいろありますが、

 

子どもたちに達成感を味わってもらいながら、指導をするということ、

 

 

たくさんの成功体験を積んでもらうために、いくつもの引き出しを

 

もっているのは良いことです。

 

 

以下の動画にあるような、カエルさんの跳び乗りを行ってみてください。

 

 

手首のねんざなど、怪我も予防できますよ。