ヘッダー画像

アレンジのテクニックを運動保育士が伝授

こんにちは。

 

 

運動保育士会の

エグゼクティブインストラクター

阿部恭瑛です。

 

 

今年度からお世話になる園で

初めて運動遊びをしてきました。

 

 

すると

年中さんの女の子が

初めての男性が

苦手らしく

こう言われました!

 

 

「おじさんキラい!」

 

 

長い指導経験の中で

はっきりと

「おじさんキラい」

と言われたのは、初めてです。

 

 

いや~

久しぶりにショックでした。

 

 

気持ちも見た目も

若くいるつもりでしたが、

子どもには通じませんでした()

 

 

これから

一番おもしろくて

成果を出すことができる

「おじさん」を

目指します。

 

 

 

さて、本題です。

 

 

今回は

「電車歩き」の

バリエーション遊びを

お伝えします。

 

 

 

4月の年少さんの運動遊びにも

入っていた項目です。

 

 

これも

いろいろ

アレンジすることが

できます。

 

 

まずは「電車歩き」の

動きを確認しましょう。

 

 

子どもたちは

一列になって

前の人の洋服をつかみます。

 

 

先生が先頭に立って

電車は「出発進行」です。

 

 

この遊びでは

・前のお友達の動きをみる

・前のお友達の動きについていく

→認知力と身体コントロール力の向上

・前の人を抜かない!

→ルールの確認

 

この辺りが重要なポイントです。

 

 

さあ、ここでアレンジ!!

 

 

だんだんに

ステップアップして

いきましょう。

 

 

1.        電車の名前を子どもに

決めてもらう。

⇒子ども達に先生に言われたから

 この遊びに参加するのではなく、

 自分から参加してもらうため。

 

 

2.        出発と停止をくり返す。

これだけでも子ども達にとっては

難しくなります。

⇒しっかり止まれているのか、

 進む時に手を離していないか。

 ボーっとしている子。

 キョロキョロしている子は

 集中していないので

手が離れてしまうと思います。

 

 

3.        後ろ歩きを加える

⇒後ろに人がいない事、

 障害物がないことを確認して

 取り入れましょう。

 最初は短い距離で大丈夫です。

 

 

4.        障害物+8の字

途中でよけなければいけない

障害物を用意する。

また、丸く円で一周せずに

8の字などで歩いてみましょう。

これだけでも身体の動きが

全然違うことが体感できます。

 

 

5.        坂道を登る(障害物)

もし校庭などなだらかな坂があれば

そこを登ってみましょう。

ない場合はマットなどを丸めて

そこに登ってみましょう。

 

 

6.        うたを唄う。

せっかくなので季節のうたや

電車のうたを唄って気分を盛り上げましょう。

⇒他の事をしながら

 唄うのは実はかなり難しいです。

 でもこういうのが

 楽しみながらできるアレンジだと

 思います。

 

 

まだまだアレンジは出来ますが、

アレンジを加えれば加えるほど

ケガする危険性も出てきます。

 

 

注意しながら

取り組んでください。

 

 

1週間に1回10分からでも

運動遊びは効果を発揮します!

 

 

ぜひ、

先生も楽しみながら

取り組んでみましょう。

 

 

本日も最後まで

お読みいただき

ありがとうございました。