ヘッダー画像

幼児期の子供になわ跳びを教えるステップをご紹介

体力が低下してきている子供は、普段の生活で動きが少なくなっている。

足を閉じてジャンプすることもままならない子がいる。

 

連続でジャンプをすることができない子もいる。

 

そんな子達に縄跳びを急に始めても連続で跳べることは少ない。

まずは、足を閉じてジャンプ。

 

連続でジャンプ。

ジグザグにジャンプ。

そして、障害物をジャンプ。

 

これらのステップを踏んで、連続の縄跳びにつなげていこう。

 

 

なわとびのコツ 幼児期の運動指導法
幼児期の子どもに縄跳び指導法のコツ
やなぎさわうんどうプログラムの指導方法を無料プレゼント ダウンロードURL